2005年05月24日

【お金になる英語 #007】 ヘッジファンド

◇ひとことコメント(対訳ではありません)

世界中の規制当局(特に欧米)がヘッジファンドに対する監視の目を
強めつつある。というのも、ヘッジファンドが運用する資産の規模が、
過去2年で約2倍(8兆ドル→15兆ドル)に急成長。
1998年LTCM自爆の例もあることから、今後も世界金融に与える
ネガティブな影響が懸念される。
そもそも「ヘッジ」とはリスクの抑制が本来の意味。それがなぜか
投機集団を表すことばに冠されている。
いまやヘッジファンド・リスクをヘッジしなければならないという状況。
これまた皮肉な話。


▽編集後記

宇多田ヒカルがけっこう好きで、モノ書きしながら聴いたりしている。
なかでも、アルバムのタイトルにもなっている"Deep River"。この曲が気になる。

♪点と点をつなぐように/線を描く指がなぞるのは/私の来た道それとも行き先・・
♪線と線を結ぶ二人/やがてみんな海に辿り着き/ひとつになるから怖くないけれど・・

ちょっと深くないですか?


----------------------------------------------------------------

登録・解除はこちらから。
http://www.mag2.com/m/0000158260.html

----------------------------------------------------------------
(裏)
11時に寝たら3時に目が覚めた。早起きはいいなぁ、なんて思っていたら
日中眠くてしょうがない。

posted by SHOJI at 07:09| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

イスラム教徒向けのヘッジファンド
Excerpt: ヘッジファンドはいまや何千ものファンドが乱立していて、その投資手法や投資対象も様々です。新規のヘッジファンド立ち上げのニュースは毎日のようにありますが、先日、ちょっと珍しいヘッジファンド設立のニュース..
Weblog: 為替王
Tracked: 2005-05-29 16:38

LTCM伝説 −怪物ヘッジファンドの栄光と挫折−
Excerpt: LTCM伝説―怪物ヘッジファンドの栄光と挫折, Nicholas Dunbar (原著), 寺沢 芳男 (翻訳), グローバルサイバーインベストメント (翻訳) (Inventing Money: ..
Weblog: 金融日記
Tracked: 2005-06-23 23:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。