2006年08月20日

【お金になる英語 #052】 強いユーロ圏。インフレも抑えて成長中

◆Today's pick up

"Eurozone inflation fall damps price fears"

Eurozone inflation figures for July were revised downwards yesterday,
helping to assuage central bankers' worst fears about price pressures
at a time of robust economic growth in the 12-country region.

(August 18 2006 / Financial Times)



▼Vocabulary

eurozone ユーロ通貨圏
inflation インフレーション(インフレ)、物価上昇
damp 抑える
assuage 和らげる
robust 強力な



◆きょうのポイント(対訳ではありません)

ヨーロッパ、ユーロ圏の7月におけるインフレ率(年率換算)は
実質ベースで2.4%

前月・6月は2.5%だったので、物価上昇圧力はやや弱まっている
との結果。

速報値は「前月と変わらず」だったのだが、17日、下方修正された。

そして第2四半期(4−6月)のユーロ圏GDP(域内総生産)は0.9%
前年を上回った。

これは過去6年間で、最大の伸び。

「アメリカと異なり、ユーロ圏の経済は、インフレを抑えながら
経済成長を謳歌している」

と、Bank of America の Mr. Holger Schmieding。

いま「ひとり」ユーロ圏が、気炎を上げている。



■SHOJI's Comment

このところ、ヨーロッパ(ユーロ圏)経済が強い。

それを反映して、通貨ユーロも強い(高い)。

しかし「強いユーロは輸出産業にとって競争力の低下でもあるわけで、
予断は許されない(と、今回取り上げた FT の記事は結ばれている)」。

 ※ユーロ圏市場を相手に商売している日本企業(たとえばキャノン)に
  とっては追い風要因(競争力UP)

たしかにその通りではあるけれど、そんなことはどこの国でも、
どの時代でも同じこと。

いまはあっぱれヨーロッパ、といっておきたい。


ところで「インフレ」(持続的な物価の上昇)って、けっこう怖い。

仮に年率2.4%でインフレが進むとしたら、通貨の価値は、
10年後に△22%、20年後には△39%、30年後に△52%・・・
と削り取られることになる(いまエクセルで計算した)。

つまり現在の1万円札が、30年後には今の4,800円程度の価値しか
持たなくなってしまうということ。

インフレが徐々に進行する健全な経済成長下において、タンス預金は
なかなかリスキーなんですよ、という話。


(ここからPRです)

インフレに負けない生活を望む!
そんな方のために、SHOJIが本を書きました

こちらをクリックしてぜひ。

 → 決算書投資術 http://tinyurl.com/79axc



□[Flash!] Related headlines (関連記事見出し)

・ユーロ、対円で最高値 一時148円94銭
 欧州景気好調 ドル売りの受け皿に (Aug 19 2006/日経)


posted by SHOJI at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。