2006年07月30日

【お金になる英語 #050】 レバノン炎上、アメリカの意図

こんにちは。楽しい投資研究所の SHOJI です。

今回は、「バフェットに学ぶ」シリーズをお休みし、基本に戻って時事記事を
取り上げます

時事問題と、投資の先賢に学ぶシリーズを交互に、バランスよく、緩急を付けて
お届けするのが良さそうに思えるのですが、いかがでしょう?

というわけで今回は、ライスさんのベイルート電撃訪問を取り上げます。


◆Today's pick up

"Rice goes to Beirut in gesture of support"

'U.S. moves to assure Arab allies, but still is silent on cease-fire'

Secretary of State Condoleezza Rice of the United States made a surprise
stop in the besieged Lebanese capital Monday to try to prop up the
government of Prime Minister Fousad Siniora and to reassure Arab allies
who have become increasingly impatient with an Israeli air assault that
has killed close to 400 Lebanese civilians.

(July 25 2006 / Financial Times)


▼Vocabulary

gesture 外交辞令
cease-fire 停戦、休戦
besiege (軍が)包囲する
prop up 支持する
reassure なだめる
impatient がまんならぬ
air assault 空爆



◆きょうのポイント(対訳ではありません)

米国務長官 Condoleezza Rice が月曜日(7/24)レバノンの首都ベイルートを
急遽、予定外訪問。

目的はレバノンの Fousad Siniora 政権への支持表明と、イスラエルに対する
堪忍袋の緒が切れそうなアラブの同盟諸国をなだめること。

イスラエルの空爆により、すでに400人近いレバノン市民が死亡している。

しかしアメリカは、停戦に向けての積極的な働きかけを行っておらず
ライス長官のベイルート訪問も、単なるジェスチャーにすぎないと見られる。



■SHOJI's Comment

レバノンにおける軍事衝突の発端は、ヒズボラによるイスラエル兵の拉致。

その報復としてイスラエルはレバノン国内のヒズボラ拠点を攻撃。

ヒズボラは、イランの支援により組織されたイスラム教シーア派民兵組織。

その資金源と武器供給源はイランに依存している。

アメリカは一貫してイスラエル支持の立場。

どうやら積極介入は考えていないもよう。

というよりむしろ、ライス長官は、後日のイスラエル外相との会談で戦闘の
継続に理解を示し、欧州・アラブ諸国が求める即時停戦に反対の意向を表明(日経)

「一時的な解決策は好ましくない」

「平和はすべて持続性のある原則に基づかなければならない」

と、(苦しい)理由を述べている。


ここから先は個人的な見解。こんなシナリオがあったりして。


レバノンにおける軍事衝突はヒズボラの拉致が原因

→ そのバックにいるイランも同罪

→ 核開発問題も抱える現在のイラン政権は、世界全体に対する脅威

→ この脅威を取り除くために、イランには制裁が必要(武力行使を含む)

→ アメリカは軍を投入(国連の関与は問わない)

→ イランは世界第2位の産油国。アメリカの真の狙いは(イラク同様)
  イランの天然資源


というわけで、アメリカが最も欲しいのは、イランの石油。

そのためには、ヒズボラにもっと暴れてもらって、イランのイメージ悪化に
貢献してもらいたい。

結局のところ、大国が求めるのは豊富なエネルギー資源

その手段は国営企業による企業買収・採掘権の獲得によるか、軍による侵攻・強奪か。

とにもかくにも、中長期的に原油に対する需要は供給を上回る一方。

つまり原油価格はまだまだ上がる、ということか。

(SHOJI)

※メールマガジン「お金になる英語」より
 購読(無料) → http://www.mag2.com/m/0000158260.html

posted by SHOJI at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21681267

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。