2006年05月28日

【お金になる英語 #046】 バフェットの海外投資。その動機

※「バフェットに学ぶ」バークシャーのアニュアル・リポート研究シリーズは
 次回以降に掲載の予定です。


こんにちは。楽しい投資研究所の庄司です。

今回は、バフェット氏が会長を務める Berkshire Hathaway 社の Annual Meeting
(株主総会)のもようを伝える Financial Times の記事を取り上げます。

半月遅れの話題でスミマセン。

けど Mr. Buffett の視点は、半月程度で色あせるようなものではありませんからね!



◆Today's pick up

"Buffett on the prowl for $30bn of deals"

Warren Buffett, chairman of Berkshire Hathaway, is on the lookout for
big acquisitions.

His comments to shareholders at the weekend suggest the company could
spend more than $30bn over the next three years.

(May 8 2006/Financial Times)



▼Vocabulary

be on the prowl (物色中、〜を求めてうろついている)
be on the lookout for (注視している、〜を探し求めている)
acquisition (買収)
shareholder (株主)


◇きょうのポイント(対訳ではありません)

ウォーレン・バフェット氏が巨額買収の対象を物色中だ。

バークシャー・ハサウェイ社の株主総会で、会長のバフェット氏は、今後
3年以内に300億ドル以上の投資もありうることを示唆。

最近ではイスラエルの金属加工会社 Iscar を買収している。

バークシャー社がアメリカ国外企業の持分を取得したのはこれが初めて。

バフェット氏が米ドルという通貨の価値に懐疑的なのは有名な話。

Financial Times は、今回のイスラエル企業買収について、

「Iscar 案件のような海外企業の買収も、米ドル建て資産以外の通貨へ資産を
分散させたい Berkshire の戦略の一環」

----------------------------------------------------------------
Overseas acquisitions like that of Iscar are also part of Berkshire's
strategy to diversify away from dollar-based assets. (May 8 2006/FT)
----------------------------------------------------------------

とコメントしている。


で、 Buffett 本人も

「我々は(米ドル以外の)他の通貨圏における収益力を好む」

----------------------------------------------------------------
"We like the idea of developing earnings power in other currencies"
(May 8 2006/FT)
----------------------------------------------------------------

と語ったりしている。


ところで今回のバークシャーの株主総会において、バフェット氏は日本企業への
投資に興味津々であることを明言した。

理由は魅力的な企業がたくさんあるからとのことだが、その根本的な動機は
やはり米ドルのインフレ懸念だろう。

バフェット氏が抱くのは、巨額の経常赤字と財政赤字(双子の赤字)を続ける
アメリカに対する不信感、と見た(というか通説)。

それにしても興味深いのは、国際金融に大きな影響力を持つ一個人が、自国の通貨を
こうも痛烈に批判し続けられるアメリカという国家。

いろいろ問題は山積しているようにも見受けられるが、アメリカという国の
ふところの深さも感じられて興味深い。



■[Flash!] Related headlines (関連記事見出し)

・米の老練投資家、ドル安危機感 / バフェット戦略海外買収に転換 /
 投資候補25カ国 日本企業に触手(May 10 2006/日経金融)

・米経常赤字 膨張に警告 投資家バフェット氏「大幅なドル安もある」
 (May 8 2006/日経)

・Buffett's Israeli acquisition lifts investor mood(May 9 2006/FT)
[プチ訳] バフェットのイスラエル企業買収に投資家心理が高揚
 → イスラエル通貨shekel が対ドル11ヶ月ぶり高値

posted by SHOJI at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。